速弾きギタリストこそ最強!ピロピロ批判は遅弾きギタリストのひがみじゃない?

guitar-943476_1280

わたくし、かばくんはおっとりしたように見えますが、速弾きです。
何のことかと言うとエレキギターの話。

エレキギターによる速弾きは「ピロピロ」という擬音語でバカにされることも多いんだよね。

いやいや、ギターは速弾き出来る人が最強でしょう!!

ちょっと熱く語ってみるよ。

スポンサーリンク
喜怒哀楽のストレート!336

速弾きは技術。

まず単純に速弾きって「技術」なんです。
生まれながらに速弾きできる人なんていません。

練習したからこそできる技術なのです。

基本的にはオルタネイトピッキングが速い人を、速弾きができる人ととらえるのが分かりやすいね。大体オルタネイトが上手くて速い人は、レガートやスウィープやタッピングなんかも上手い人が多い。技術を磨くのが好きなんでしょう。

そういう練習って「地味な苦行」なんだよね・・・
それを乗り越えた人が速弾きできる人なので、努力家の証なのですよ。

速弾きが批判される理由。

これね、分かるんです。
速弾きを無駄に主張したプレイヤーがいることも事実ですから!

「その曲調にその速すぎるソロはいらんやろ・・・」ということもよくあるからね。
最初から最後まで速弾きで、単調にスケールの昇り降りをしたようなソロやイントロは、練習してるの?聞かせどころはどこ?って思うもんね。

そういうのが「ピロピロ」と揶揄されるんだよね。

1分間に何回弾けたかを競うBPM争いは曲芸もしくは競技だと思って下さい。
そこまで弾けるようになる努力はすごいことなんだけど。

バンドのときの思い出。

昔バンドをやっていて、曲を合わせる練習のときに、ソロをアドリブで弾いたんだよね。多少の速弾きを交えてね。そのときボーカルに言われたのが、「うるさい。」

え~!!!その一言で片づける???
曲調も考えて、スケールもトーン選びもこだわってるのに!

そのボーカルいわく、速弾きがダメらしい。速くない部分は良いらしい。

納得がいかなかったので、同じフレーズをピアノで弾いてみたところ、ボーカルは「いいね~!」と即答。

なるほどね。エレキギターはダメで、ピアノはOK!おそらくバイオリンでもOKだろう。
エレキギターの歪んだ音がダメなわけね。

でも、こちらとしては、その歪みも曲に合わせてこだわって作った音なのでね。あなたの好みに合わせるつもりはないけど。バンドとしては、楽器はボーカルを引き立てるべき!と思ってるし、絶対に速弾きが必要な部分でもないから、極力速弾きのないフレーズに変えました。

遅弾きしかできないよりも速弾きでしょ!

速く弾ける人は遅く弾ける。遅くしか弾けない人は速く弾けない。

それなら速弾きを練習した方がいいに決まってる!遅弾きしかできない言い訳としてピロピロ批判をするな!!これが言いたかっただけ。

※遅弾き(おそびき)って私が勝手に作った造語ですが、速く弾けないという意味です。

ギターは楽器である以上、聞いている人を感動させられるかが大事。何よりも自分が気持ちいいことが重要なんです。だから、速く弾くこと、遅く弾くことって全く大事じゃないのよ。

ただ、安易な速弾き批判で、速弾きの努力から目を背けるギタリストには同意できないわけ。
練習しろよ!って思っちゃう。

速弾きできない(しない)プレイヤーにも素晴らしいギタリストはたくさんいるからね。
全然、そこを目指してもいいんだけど、練習は大事だよ。

そしてアマチュアだろうと、ライブのときはミストーンばかりを気にしないこと。
ここは強く弾いて聞かせようとか、ここのチョーキングは思いっきり溜めて泣かせてやろうとか、聞きどころを作ることが大事だし、それがライブを楽しむ醍醐味だと思う。

ライブでは開き直りも大事だからね。
練習の成果を試す場ではあるけど、見せつける場ではない。

最近の日本の速弾き業界では、BABYMETAL神バンドの大神様は相変わらず半端ないね。
小神様も大好き。あんな風に弾けたら気持ちいいだろうな。

スポンサーリンク
喜怒哀楽のストレート!336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする